【名曲選】人生の主題歌!倉木麻衣のalwaysだけで3000字語ってみる

本題に入る前に一言。
Wish you the bestのジャケットは可愛すぎてずるい。

スポンサーリンク

青春時代は倉木麻衣とともに

この邦楽ロック解体新書というブログを始めて1年3カ月ほど経過しました。その間、ずっと心残りがあったのです。

私の中学時代を支えてくれた倉木麻衣についてどこかで書きたいなと思っていたのです。しかし、はたして彼女は「邦楽ロック」という領域に入るのかどうか、葛藤しておりました。

この方のツイートを見て「やっぱり書きたい!」と一気に胸が熱くなりました!

これは紛れもない、神セトリです。

あの頃の私を支えてくれた曲がこんなにも披露されていただなんて…。今回は私の青春時代に花を添えてくれた倉木麻衣の「名曲特集」alwaysについてアツく語りたいと思います!

本当は倉木麻衣の名曲特集をしようと思ったのですが、alwaysについて語るだけで相当の文量になってしまいました(笑)よって、always特集に切り替えた次第ですm(__)m

1.今でも人生のテーマソング「always」

現在でこそ、しがないサラリーマンをやりながら自分の好きな事をブログに書いたりしていますが、そんな私にも中学生だったころがありました。

そんな少年時代、「人生のテーマソング」を設定しました。それが、倉木麻衣の「always」です。

always

今でも突然耳に入るとドキッとしますし、たまに聞いては泣きたくなるナンバー。この曲が20周年ライブのトリを飾っているなんてエモい以外の言葉が見当たりません。

でもなぜこの中学生だった私のハートを鷲掴みにしたのか。30歳になろうとする今、改めてこの曲の何が、どう素晴らしいのか、詳しく聞いてみることにしました。

2.音楽的アプローチ

まずはこの曲について音楽的に見ていきたいと思います。素人目線での内容ですので、温かい気持ちで見てくださいね(笑)

なんならここは飛ばしてもらっても構いません!

イントロ~Aメロ部分

この「always」という曲ですが、イントロはボス戦にでも立ち向かうような印象を与えます。音数も少なく、黒鍵盤をほぼ使わない、まさに「堂々たる布陣」という表現がぴったり。

Aメロに入る直前に2回「ファ#」が入るのですが、これが曲全体に温かみを持たせ、殺伐としたイントロから救いの手を差し伸べるような神々しさをまとっています。

そして、Aメロ。ここで初めて「あ、この曲はニ長調の曲だったんだ」って分かるんですよね。たまたまイントロは白鍵ばかりだったんだ、と。

スポンサーリンク

さ、ここからイントロとは似ても似つかない優しい旋律が始まります。後述もしますが、歌詞とのシナジーが素晴らしいですね。

世知辛い社会の中で戦っていこうじゃないかという倉木麻衣自身の決意の表れとともに、リスナーの背中をそっと押してあげる絶妙なバランスが最高。もうこの時点で神曲。

Aメロ~サビ部分

そんなAメロからサビには、曲タイトルでもある「always!」というフレーズで入っていきます。このとき、キーを一気に2つ上げているんですよね。(オール(ミ),ウェイズ(ファ))

そして曲はヘ長調に変調します。ここからは曲の雰囲気が清々しく爽やかになり、声域も一気に高くなりますね。もうここからはいわずもがなの美しいメロディですよ。

このMVでは途切れてしまうのですが、次のAメロに入るまでに、またイントロに戻るんですよね。そこからまたAメロに入っていくわけですが、そのサイクルが人生を表していると言ったら、言い過ぎでしょうか(笑)

「人生には苦しい場面もあるけれど、優しく手を差し伸べてくれる人もいる。一緒に頑張ろう」

そんなイメージを曲から感じました。

こうやって細かく見ていくと、イントロからサビまでの間に様々な要素が詰まっていて、やっぱり「名曲」と言われる理由もよく分かりますよね。本当に素晴らしいです。

スポンサーリンク

3.歌詞からのアプローチ

可愛すぎてもう一回使っちゃいました。

続いて歌詞ですね。というか、歌詞はもう本当に素晴らしい以外の言葉が見当たらないくらい素晴らしい。まずはこの曲の歌詞をちょっと拝借いたしましょう。

<引用>

always (2001年) 作詞:倉木麻衣 作曲:大野愛果

損じゃない!? 今からでも
いいんじゃない!? やれること
思った通りにやってみよう
君と出逢うまで
何もなかったけれど 目を閉じて想う
一緒に生きる場所があるから

always愛を胸に勇気を出して
たとえそれがダメだとしてもね
No それだけが自分じゃない
Yes 風向きが変わった今 飛び立とう

夢じゃない!? あきらめず
そうじゃない!? 最後まで
誰でも初めは気付かないけど
必ず辿り着く
君の心の中に 希望があるから
苦しい時こそ願いは叶う

alwaysそう信じて 見つめてみよう
たとえそれがつらいことでもね
No それだけが自分じゃない
Yes この一瞬ごとが明日の君になる

Sometimes you win
Sometimes you lose
It doesn’t matter
You make mistakes but for a reason
There’s a chance to be won
God bless you for being yourself
Sometimes life is so beautiful yeah

※always give my love
always give my love to you
always give my love
always give my love to you
always give my love
always give my love to you

いやー、もう素晴らしすぎますよね。

そこらへんの自己啓発の本を読むより、よっぽどこの歌詞を見たほうがモチベーションが上がりますし、歌詞だけでも素晴らしいのにあんなに綺麗な曲に乗っかっちゃうと鬼に金棒とはまさにこのこと。

 

人生に遅いはない。今からでも始めようよ。その一瞬ごとが明日の君になる。

 

どれだけ美しい心を持てばこんな歌詞が書けるんでしょうか。未だにこの曲を越える「こういう生き方をしたい!」と思える曲には出会っていませんし、これまでも何度救われたことでしょうか。

今でもロッキンやフジロックなどに友達と行きますが、「人生で一番好きな曲は何?」と聞かれたら堂々と「倉木麻衣のalways」と答えています。

美しさ、強さ、激励、勇気…。

alwaysを聞くと、全ての思いがズシンと心に響いてきちゃいますね。

それと、Youtube音源では発表がないのですが、最後の英語歌詞のところも大好きなんです。勝ったり負けたり、いろいろあるけどそんなのは大したことじゃない。あなたらしく生きてこそ、人生は素晴らしい。

泣ける、イヤ泣けるホントに!

 

一生、人生のテーマソング

は!気づいたらもう3000字…。こんなに書いてしまったんですね。でも溢れ出す思いのままに書いたので時間にして1時間もかからずに書いてしまいました(笑)

改めてこのalwaysという曲を聞いて、はたと私の人生も振り返ってみました。

この曲を何度も何度も聞いていた中学時代から、2倍の年になりました。いまの自分はいろんなことに挑戦できているだろうか。最近は47歳の新庄がもう一回プロ野球を目指すと言って話題になりましたが、きっと心情もこの曲を聞いていたんだと思います(?)。

人生に遅いはない。自分らしく過ごす人生こそ、美しい。

そんな哲学を教えてくれたalways。この曲との出会いに心から感謝したいです!!これからもこの曲とともに人生を歩んでいこうと思います!!

スポンサーリンク