【wiki的まとめ】ROTH BART BARON(ロットバルトバロン)って?読み方は?メンバーは?出身は?おすすめの曲は?
ROTH BART BARON wiki的まとめ
➀2010年結成の東京発2人組バンド!
➁生で見てほしいバンドNo.1!
➂シンプル×多重奏で広がる世界観!
スポンサーリンク

ザ・マイナスイオンバンド

これまで奥さんが進めてくれて一緒に行ったライブが二つあるんです。

一つはMy hair is bad。恋愛厨の女子だけに愛されるバンドと思っていましたが、聞いてびっくり。アツいとかエモいとかより、「椎木天才かよ」という圧巻のステージ。

そして、今回一緒にライブに行くことになったのが、この「ROTH BART BARON」です!事前にちょっとだけ音楽を聞かせてもらっていたのですが、「まーそんなもんか」と思っていました。

ところがどっこい、実際にライブに行ってみると、余韻が抜けない抜けない。全く抜けない。なんだろ。ライブに参加しながら旅している感じと言えばいいんでしょうか。しかも時空を超えた旅と言いますか、そうした壮大なスケールに終始圧倒されてしまいました。

いま一番ライブを見てほしいバンド、ROTH BART BARONについてご紹介します!

1.ROTH BART BARONって?メンバーは?読み方は?

ROTH BART BARONは2008年に結成した2人組バンド。中学時代からの友人だったことがきっかけとなり、現在に至っています。読み方は「ロットバルトバロン」です。

メンバーは以下の通り。

三船雅也 (vo/g)
中原鉄也 (dr)

1stアルバム「ROTH BART BARONの氷河時代」はカナダのフィラデルフィアで制作されたという異色バンド。それだけ聞くと鼻につくな、と感じる性格の悪い私です(笑)

しかし、実際にライブで音楽を聴いてみるとその意味が分かります。開放的な音楽には自然美があり、常にリスナーにはマイナスイオンが降り注ぎます。

そんなROTH BART BARONですが、ライブ自体は大所帯で行います。

比較的単調な旋律を奏でる曲が多いものの、音数がめちゃくちゃ多い。後ろにいるパーカッションの方は打楽器やってギターやってベースやってサックスやって…って具合に多忙。

しかし、その様々な楽器が重なる瞬間の得も言えぬ至高のハーモニーは、彼らにしか出せない音であり、彼らでしか聞けない音となっています!

2.謎の少女、hanaとはいったい誰?

そんなROTH BART BARONですが、アルバム「けものたちの名前」のリード曲「けもののなまえ」で一緒に歌っている少女がいます。

透き通った声の中に、儚さとたくましさが共存する不思議な声だなーと個人的感想。彼女の名前は「HANA」。

けもののなまえ

特にコーラスをするわけでもないのですが、ボーカル三船との波長が合いまくっていて素晴らしいですよね。そんな素敵な声の持ち主HANAですが、調べてみるとなんとまだ13歳というのです!

これには本当に驚きました。あの堂々とした歌いっぷりはライブでも披露していました。こちらも是非ライブで実際に見ていただきたいものですね!

スポンサーリンク

3.ROTH BART BARONのおすすめの曲は?

そんなROTH BART BARONのおすすめの曲をご紹介します!まずは「小さな巨人」からです!

小さな巨人

この音の広がり、半端ないです!大自然、宇宙、いや、森羅万象をすべて包み込むような優しさに溢れた音楽と三船のボーカル。

多彩な楽器がそれぞれ輝きを放っているように、存在感に満ち溢れていて、底なしに優しい。私にはそれが世界そのものを表しているような気すらしました。

これ、Youtubeだからこの程度で済んでいますが、実際にライブで聞くと文字通り「圧倒」されてしまいます。ぜひ、皆さんにも圧倒されてほしいです(笑)

次にご紹介したいのが「春の嵐」です!

春の嵐

期待感と解放感がぎっしり詰まった一曲ですね!

…ちょっと気になっていることを一つ。裸の人たちが走り回るPVですが、Youtubeで公開されているということは、Googleさん的にこれは「芸術」と理解されているということでOKですよね?笑

Googleさん、これは芸術です。間違いないです。だって、こんなに綺麗な音楽とイマジネーションに富んだMVはないですよ。

ライブではこの多彩な楽器もすべて再現されており、本当に「凄い」のひとこと。

そしてなんとなんと、ROTH BART BARONは公式アカウントでYoutube上に4thアルバム「けものたちの名前」をアップロードしています!

けものたちの名前

公式アカウントでアルバムを披露するというのは、非常に斬新で新しい試みですが、作者にはちょっとした広告料金しか入らないという金銭的にはかなり辛い選択をしている事と思います。

こういうバンドこそ応援すべきですし、絶やしてはいけない才能ですね!

4.ROTH BART BARONのまとめ

「音楽を浴びる」という表現がしっくりくるROTH BART BARON。本当に圧巻のライブでしたし、固定ファンがつく理由がとても分かります。

彼らだから表現できる世界観は一度聞けば分かります。間違いなく魅了されます。ちょっとでもいいなと思った方は、ぜひ一度はライブにいくことをおすすめします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク