【Laura day romance】渋谷JACK 2019 winterのライブレポ!親しみやすくも気高さを感じる注目バンド!

最高だった、渋谷JACK2019 winter

年末と言えばカウントダウンジャパン?

いえいえ渋谷JACKでしょ!どんなにこのイベントを待ち侘びたことでしょうか。今回も渋谷ジャック2019wimterに行ってきました。

熱すぎるバンド、気合が入りすぎているバンド、かっこつけすぎているバンド、聞く前と後で印象がガラッと変わるバンド。

今回もいろんなバンドを見させていただきましたが、中でも印象に残ったバンドをご紹介したいと思います!今回は初めてライブを拝見したLaura day romanceのライブレポをお届けします!

スポンサーリンク

個人的ベストアクト!

今回の渋谷ジャックでどのバンドが一番よかったか。そう聞かれたら間違いなくLaura day romanceと答えます。当ブログでは以前から強くプッシュしているので、ずっと読んでいただいている方にとってはお馴染みのバンドですね。

1.Laura day romanceについておさらい

この記事が彼らとの出会いとなる人のために簡単にバンドの紹介をしたいと思います。

sad number

Laura day romanceは2017年に結成した男女5人組バンドです。詳しくはコチラにまとめてありますので、是非読んでみてください!

このバンドの良さは、懐かしさすら感じる取っつきやすいメロディでありながら、しっかりとした重厚なバンドサウンドと、難解なコーラスが大量に投入されている点です。

結果として、普段はあまりバンドを聞かない人から、がっつりバンドを聞く人までカバーしてしまう、そんなレベルの高い音楽ばかり発表しています

今回のライブでは、2つ確認したいことがありました。1つは、あの聞いてるだけで難しそうなコーラスの再現性はどうなのか。もう一つは彼らのバンド感とポップ感のバランスはどうなのか、ということでした。

スポンサーリンク

2.凛々しい立振る舞いに驚き!

曲自体がとても親しみやすいキャッチーなメロディーということもあり、メンバー全員笑顔で楽しく演奏する姿を想像しながら会場に向かったわけです。

しかし、ステージを見てそのイメージは吹き飛んでしまいました。想像したよりもガシガシに演奏もしますし、リードボーカルの井上も全く客席に媚びを売らない。いい意味で、全くキャピキャピ感がない。

親しみやすい曲とのギャップがあり、その姿には気高さすら感じてしまいました。いやー、かっこよかったですね。

このバンド、想像以上にロックバンドだなと思いました。

3.堂々たるコーラスと演奏力

もう一つ確認したかったコーラスについてですが、こちらは言わずもがなで最高でした。

このloversを聞いていただけると分かるのですが、彼らのコーラスは主旋律を支えるというよりは、主旋律を食わんとばかりに張り上げるタイプの発声が多くあります。つまり、外すとめちゃくちゃ目立つんです(笑)

井上と同じく男性ボーカルの川島に注目していたのですが、とても心地いい声が印象的でした。井上と同じ旋律をたどる部分は、ずっと聞いていたくなるようなヤミツキ感がありましたね。

lovers

いやー、このクオリティはもっと色んな人に広まってほしいと思いますし、広がるポテンシャルは既に間違いなく持ち合わせています。

今回の渋谷ジャックでは間違いなくベストアクトでした!

渋谷ジャックは夏にも開催!

毎回いい出会いをくれる渋谷ジャック。次回は2020年の7月に開催が決まりました!次回も本当に楽しみです。

ちなみに、今回の渋谷ジャックも大変楽しませていただいたのですが、残念ながら見れなかったバンドもいくつもあります。

なきごと、錯乱前線は本当に見たかったんですけどね。いろいろあって見れませんでした。次回は絶対に見に行きますよ!

そして、サニーカーウォッシュキイチビールなど、本来いるべきバンドがいないというのは悲しいものです。

アダム、キイチ。ゆっくりでいいから、いつかまた音楽を見せてね。

スポンサーリンク