【フジロック】何を履けばいいの?長靴?ブーツ?サンダル?おすすめの靴を厳選してご紹介!

厳選!フジロックで履きたい靴をご紹介!

今回はフジロックに毎年参加している私がフジロックを快適に過ごすための「靴」に焦点を当ててご紹介します!

こんな人に読んでほしい!

靴選びで失敗したくない人
✔結局どの靴がいいか分からない人
✔初めてフジロックに行く人

そんな方々に読んていただけると嬉しいです!

ちなみにフジロックに参戦するにあたり、靴選びは非常に重要です。フジロックはお昼前から明け方まで開催されます。その間、雨が降り、泥道を渡り、水溜まりを越え…とフジロックの足元は常にストレスに囲まれています!

毎年、ビーチサンダルで参戦して寒さに震えるフジロッカーを見てきましたので、しっかりした考えて準備するようにしましょうね!

この記事では厳選した5つの商品をご紹介していますので、是非チェックしてみてください!

➀ド定番!日本野鳥の会の長靴!

価格:4.5/5
軽さ:4.5/5
収納:4.5/5
耐久性:4.0/5
総合:4.5/5

ここがいい!

・リーズナブルなのに機能的!
・軽くて収納性ばつぐん!
・「みんな履いてる」安心感!

ここはちょっと残念!

・歩き過ぎると疲れてくる
・足が蒸れやすい
・ド定番すぎてみんな履いてる

まずはフジロックに限らず、野外フェスでは定番となっています日本野鳥の会の長靴です!

この長靴は軽さ、収納性に加えて、「みんな履いてる」というハズさない商品として大人気の商品です。

膝下にはしぼりがついているので、雨の流入も軽減できる仕組みもありがたいですね。

また、何より助かるのが機能性のわりに「安い」ということです。フジロックはお金がかかります。出来るだけ経費を削減したい、でも靴には妥協できないって人はまずは野鳥の会の長靴で間違いないと思います!

↓更に詳しい商品説明はこちらから↓

➁アウトドア=コロンビア!耐久性◎!

続いてご紹介したいのはアウトドアブランド、コロンビアの長靴、YU-3777です!

価格:4.5/5
軽さ:4.0/5
収納:4.0/5
耐久性:4.5/5
総合:4.5/5

ここがいい!

・しっかりした生地で防水性抜群!
・折りたたんで収納できる伸縮性◎!
・歩いても疲れにくい!

ここはちょっと残念!

・少し重い
・足が蒸れやすい

実は私はこの商品を使っているのですが、本当におすすめです!

さすがアウトドアメーカーの商品。この商品の特徴は「歩きすぎても疲れない」ということです。普通の長靴は防水性を最優先にしているため、長距離を歩くと疲れてしまうんです。

しかし、このコロンビアの長靴はひと味違います。

ソールの凹凸が雨の日でも快適に歩けるようサポートしてくれる上に、中敷きも入っているので足にも優しい仕様になっています。そして足を包み込むような絶妙なフィット感が気持ちいいんです!また、ラバー素材のため丸めたり折ったりして持ち運びができるのも本当に助かりますよー。

野鳥の会の長靴よりも若干価格が高くなるのが気になりますが、自信をもってレコメンドいたします!!

↓更に詳しい商品説明はこちらから↓

➂サンダルスニーカーはKEENでOK!

続いてご紹介したいのは、KEENのサンダルです!

価格:4.0/5
軽さ:4.0/5
収納:4.0/5
耐久性:4.5/5
総合:4.0/5

ここがいい!

・歩いても疲れない機動性◎!
・軽量でかさばらない!
・足が蒸れない!解放感最高!

ここはちょっと残念!

・案外乾きにくい
・変な日焼けをしてしまう
・メンテナンスがやや大変

みなさん、この形のサンダル最近よく見かけませんか?KEENから発表されているスポーツサンダルは野外フェスでは欠かせない大人気商品となっています!

私も先ほど紹介した長靴と合わせてKEENのサンダルを実際に使っていますが、この商品の特徴はなんといっても快適性と機動性です。

サンダルでありつつもスニーカーのようなソールが付帯されていて、歩いても疲れにくい構造になっています。広いフジロック会場を快適に動き回るにはこれ以上ない最適な商品です!

一方で欠点を上げるとすれば、案外乾きにくいことと、変な日焼けをしてしまうことです。また、独特な網目模様の影響もあり、泥がついたときのメンテナンスが難しいことも難点です。

そして特に女性は「KEEN焼け」に注意しなければなりません!

ただ、全体的には開放感と機動性を備えたフェス向きの商品であることは間違いありません!長靴と併用して使用することをおすすめします!

↓更に詳しい商品説明はこちらから↓

➃全天候対応!マウンテンブーツ!

続いてご紹介したいのは、とにかく色んなステージを見たい方向けのKEENのマウンテンブーツです!

価格:3.0/5
軽さ:3.0/5
収納:3.0/5
耐久性:5.0/5
総合:4.0/5

ここがいい!

・歩いても歩いても疲れにくい!
・ブーツ特有のソールで滑りにくい!
・ファッション性が高くデザイン性◎

ここがちょっと残念!

・防水性、撥水性が弱い
・他の商品と比べて価格が高い
・畳むことができないため収納性△

こちらもフジロックに限らず野外フェスの定番となりつつある人気の商品となっています!

中でもなぜKEENをおすすめするかといいますと、キーン自体が靴だけではなく、ポンチョ、レインパーカーといった防水性を追求した商品をたくさん発表しているからです!

そうしたメーカーからの商品であれば安心して購入できますよね。

ただ、マウンテンブーツは個人的にはおすすめできません。なぜなら、価格が高いからです。長靴やサンダルが5000円前後から買える一方で、マウンテンブーツは最低でも2万円前後は覚悟しなければならず、ただでさえお金が吹っ飛ぶフジロッカーには少々ツライ。

また、靴の防水性はホンモノなのですが、ブーツという特性上、靴下を履かなければならないので、その靴下を通して水が靴の内部に侵入する可能性もあります。

ただし、歩きやすさに関しては他の商品とは比べ物になりません。泥道、ぬかるんだ道、ちょっとした水たまりはスイスイ進むことができますよ!

若干お金に余裕がある方は検討されても良いのではないでしょうか。

↓更に詳しい商品説明はこちらから↓

➄CONVERSE×GORE-TEXで日常使いもOK!

最後にご紹介するのが、CONVERSEのGORE-TEX仕様の商品です!

価格:3.0/5
軽さ:3.0/5
収納:3.0/5
耐久性:5.0/5
総合:4.0/5

ここがいい!テキストが入ります。

・フェスだけに限らず普段も使える!
・GORE-TEX仕様のため防水性もばっちり!

ここはちょっと残念!

・価格が高い
・他の商品と比べると防水性が怪しい

野外フェスとなるとKEENとか日本野鳥の会といった聞き慣れないメーカーの商品がプッシュされる中、初めてフェスに参加される方はCONVERSEという響きだけでもな嬉しくなっちゃいますよね笑

こちらの商品はGORE-TEXという防水加工が施された商品のため、普通のCONVERSEの商品とは多少異なっています!

とはいえ、見た目は普通のCONVERSEのシューズと変わらないため「今回フジロックに行くけど、来年以降は分からない」という方にとってはうってつけではないでしょうか。

ただし、GORE-TEXとはいっても防水性に若干の不安があるので長靴やサンダルなど、濡れてもいい靴と併用することをおすすめします!

↓更に詳しい商品説明はこちらから↓

まとめ!

さて、いかがでしたか?
いろいろなブログで商品が紹介されてますが、正直どのブログも似たりよったりです(笑)

最終的には商品ごとのメリットデメリットをしっかり把握して、自分らしくコーディネートしていくのが一番だと思います!

ちなみに個人的におすすめなのは「長靴×KEEN」のセットです!1万円程度の予算で揃えられますし、持ち運びしやすいので本当におすすめです!

雨の多いフジロックですが、雨ニモマケズ、風ニモマケズ、快適に音楽を楽しんでいただけると嬉しいです!

本日はここまで!ありがとうございました!