Mega Shinnosuke wiki的まとめ
➀東京出身福岡育ちの個性派アーティスト!
➁カオスな音楽センスは想像の斜め上!
➂ミニEP「momo」がセンスの塊!
スポンサーリンク

末恐ろしい才能がまた一つ

例えば、宇多田ヒカルが中学生の時に発表したAutomaticは、シンセサイザー大流行だった当時の音楽界において「末恐ろしい異端児」として扱われ、世の中を震撼させました。

当時小学生だった私には「大人が何をこんなに騒いでるんだろう」と思っていました。

時は変わり、2019年。

ミニEP「momo」に収録されたO.W.Aを聞いたとき、ジャンルこそ違いますが、「もしかしたら、あの時の衝撃ってこういうことだったのかもしれない」と思わずにはいられませんでした。

Mega Shinnosuke(メガシンノスケ)の曲のポテンシャルって、もはやその領域だと思うんです。

1.Mega Shinnosukeって?出身は?年齢は?

Mega Shinnosuke は2000年生まれ東京出身福岡育ちのソロアーティスト。もともとFor two.というバンドの中心だったメガシンノスケがローマ字表記に名義を変えています。

高校生ながら曲のクオリティがめちゃくちゃ高く、For two.時代に作成した「O.W.A」が福岡のラジオで取り上げられたことに端を発し、一気に音楽好きの間で話題に上りました。

2.「O.W.A」のMVが最高にかっこいい

そのO.W.Aという曲ですが、インパクトだらけの衝撃の一曲となっています。

O.W.A

変態カオス感が漂っているこの曲ですが、このMVの仕上がりも半端ではない。ちなみにこのMVは、以前発表したMVが「大人の事情」で削除されてしまったことによる再アップ作品。

曲だけでもディープなのに、更に深い世界に連れて行ってくれる最高のMVとなっています。見ていない人は要チェックですよ。

ちなみに一度だけ削除される前のMVを見たことがあるんですが、どんな内容だったか覚えてないんですよねー。それだけが残念。

いずれにしてもこの撮り直しMVは予算15,000円で作成されたそうですが、いつもの宇宙服を着た天才・眉村ちあきをはじめ、通りすがりの外国人、Nickなどユーモア溢れる内容となっています。

荻窪選手権(眉村ちあき)

15,000円でここまでできるんだ、とびっくりしました(笑)

スポンサーリンク

3.Mega Shinnosukeのおすすめの曲は?

そんなMega Shinnosukeの他のおすすめの曲もご紹介します!まずは、「桃源郷とタクシー」です!

桃源郷とタクシー

メロディックで聞きやすい一方で、うねるように動くベースと旋律と連動しない自由なギターが最高にかっこいい。サビはコーラスにAAAmYYYを迎え、軽妙なボーカルにも関わらず重厚感すら感じてしまいます。

また、途中のギターソロもかっこいいですねー。なんて自由なギターなんでしょう。たぶんライブだともっとやりたい放題に鳴らしまくるんでしょうね。

続いては、「blue men.」です!

blue men.

「東京に旅行に行ったので作ってみました」というコメントが添えられて発表されたこの曲。

え、旅行にいくとこんな曲できちゃうの?

しかもO.W.Aとも桃源郷とタクシーとも全く異なるジャンル。才能って恐ろしい。

シティポップ的なミディアムナンバーでありつつ、やっぱりギターの音色が心地いい。この曲を聞いた後にもう一度O.W.Aを聞くと、同じ人が作ってるとは到底思えませんね。

・・・本当にまだ10代なの?

4.Mega Shinnosukeのまとめ!

さて、いかがでしたか?

明らかに曲のレベルが高い事が分かるMega Shinnosuke。アンダーグラウンドなところが彼の良さでもありそうですが、きっと彼の才能が放置されることはないと思うんですよね。

もっと彼の変態ソングが世に広まることを祈っています!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク