ゴールデンウィークのフェスとして定着してきたビバラロック2019。新進気鋭のアーティストからお馴染みのバンドまでバランスの取れたラインナップが特徴で、今年で6回目を迎えました。

開催3日目となる5/5に参加してきましたので、ライブレポートをお届けします!

今回は「ハルカミライ」について書いてみました。

全国SOLD OUTの実力はいかに?

いまやTHE NINTH APOLLOの「顔」的存在になりつつあるハルカミライ。というより、もはや顔と言っても過言ではない。

そんな彼らはなぜ人気が出たのか、ファンは彼らの何に魅了されるのか、個人的な見解を書いていきます!

1.リハからハルカミライワールドが炸裂

今回、全国ワンマンツアー真っ只中だったハルカミライ。ファーストアルバムを引っ提げた全国公演はなんとなんとソールドアウト。

とはいえ、たとえば同じ日に同じステージでライブをしていたyonigeKANA-BOONと比べると、Youtubeの再生回数は断然少ないハルカミライ。

そんな彼らがこの広いステージでどんなパフォーマンスを見せるかとても楽しみでした。

世界を終わらせて

まず印象的だったのは、パフォーマンスが始まる前のリハでした。ボーカル不在の状態で着々と進んでいくのですが、完全にファンのカラオケ状態。

「早く始めろ!」というファンの声に対しても、「あのね、こういう大きなフェスは時間が決まってるからそういうの無理なんだよ」とマイク越しにレスポンスしています。

こうした観客とのやりとりは、語感として決してファンに媚びているわけではありません。しかし、まるで昔からお互いに知っているかのようなやりとりは、いい意味で学園祭の延長線上のよう。なるほど、彼らのスタイルがファンに浸透する気持ちも分かるね、これは。

2.いよいよスタート!でも学は・・・?

そんな「いいリハ」を見せていただいて間もなく始まった本番。やっとボーカルが出てきていよいよボルテージが上がっていく流れとなるはずですが、ボーカルの学は1曲目が始まって早々に、アリーナに降ります。

1曲目からすごいなーと思っていましたが、いつまで経っても上がってきません。

2曲目、3曲目と続きますが、基本的にアリーナで歌うボーカル、学。

星世界航行曲

振り返ってみると、演奏時間の半分は観客の上にいたのではないかと思います。

あまりに縦横無尽に動くため、途中ギターのコードが絡まるというトラブルも発生しましたが、ギターもアリーナに降りるという作戦で見事に解決。

普通はボーカルがステージに戻って、絡まりをほどくんじゃないの?

やっぱりハルカミライ、面白い。見ていてこんなにワクワクするアーティストは久しぶりかもしれません。

3.昨年、今年の奇行を謝罪

ようやくステージに戻った学ですが、MCによると昨年のビバラでも「前科」があったらしい。聞けば、昨年はCAVE STAGEで会場外に出て怒られたそう。

今年も開演早々に客席に飛び込み、観客の上で大部分を過ごした学。たぶん、今年も怒られるでしょう。笑

実際、スタッフから「上がってくれ!!」と促されてステージに上がるシーンもいくつかありました。

predawn

一応、ステージ上で昨年、今年と迷惑かけてすみませんと謝罪を入れていましたが、謝罪を入れてまたアリーナに戻るっていうのがたまらなくアツい瞬間でもありました。

他のバンドと明らかにスタイルの違うライブを「奇行」と呼ぶのであれば、彼らのパフォーマンスはまさに「奇行」。

でも何が悪いの?それでなんぼのハルカミライじゃないですか。

4.ダイブの嵐に誠実な対応

念のためにお伝えしますが、本来はビバラに限らず、ライブ会場では基本的にダイブ、モッシュは禁止です。

禁止ですが、そんなのお構いなくダイブもモッシュも起こってしまうのがフェスってもんです。

ハルカミライのライブ中は、ひっきりなしに人が客の上を転がっています。

そんなダイバーに対して、普通のアーティストなら無視するところ、(正確には、楽器を弾いているから相手にできないというのもありますが)、学は誠実にグータッチを繰り返します。

ファイト!!

MCの中でも、目立っていたお客さんを指名し、わざわざステージの近くまで呼び寄せてグータッチ。

・・・あれ?ここライブハウスだっけ?

ハルカミライのパフォーマンスに箱の大きさは関係ない。彼らのパフォーマンスは、会場をライブハウスにする。間違いなくビバラで大きな爪痕を残したハルカミライ。

本当に終始かっこよかった。最高でした。

5.5月5日は「ハルカミライ」の日

初めてハルカミライのライブを拝見しましたが、全国ワンマンツアーがソールドアウトするのも納得の圧巻のパフォーマンスでした。

そして、学のMCは悔しいくらい心に響く。どんなに拗ねようが、ひねくれようが、たぶん彼のMCを聞くとそんな悩みが小さく感じてしまうのではないだろうか。

そんな彼のMCを1つ紹介したい。

それゆけステアーズ

彼らの持ち時間も、終わりを迎えようとしていたとき、学はこう言いました。

「これは景色じゃねぇんだ。いい眺めなんて口が裂けても言わねぇぜ。これは人だぜ!」

字面にすると「なんだそれ?」と思うかもしれませんが、あのステージを見たオーディエンス、会場の雰囲気、ハルカミライのライブスタイル・・・。

多くの環境がシンクロしたあの場面では、ここまで胸にズシンと来るものかと、驚きました。

多くの若者から支持を集める理由がこの表現に集約されている気がします。

彼らの思いは間違いなくオーディエンスにド直球で届いている。それを証明するのに十分すぎる充実したステージでした。

勢いがあるってこういうことなんだな。

そんな5月5日は「ハルカミライの日」にふさわしいのではないかと思います。

6.ライブの様子はフジテレビネクストで放送!

歌詞も間違う。曲も止まる。それでも止まらないオーディエンスの大合唱。

この日、彼らのステージを見て涙を流す人が一体何人大型ビジョンに映し出されたでしょうか。

ちなみに、そんなライブの様子がフジテレビネクストで7月上旬に放送されるそうです。

ハルカミライだけでなく、ビバラロックの全ライブ映像も放送されるそうなので、ぜひチェックしてみてください。

1か月限定で無料で視聴できるみたいなので、気になる方はこちらからチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!!