2019年3月の個人的TOP5を勝手にレコメンドしてみた

いよいよ平成もあと2か月!

この「勝手にレコメンド企画」も4回目となります。

桜の季節は、夏フェスの日程が発表される季節でもあります。

現時点でフジロック、ロッキンジャパン、ライジングサンあたりのラインナップが明らかになってきています。新しい元号になって最初の夏。楽しんでいきたいものですね!

2019年3月、世間を賑わせたのはこんなニュースでした。

2019年3月の出来事
✓電気グルーブのピエール瀧がコカイン所持、使用で逮捕
✓伝説の名選手、イチローが引退
✓日産のカルロス・ゴーン元社長、釈放

正直カルロス・ゴーンはどうでもいいです。笑

この月は大きな2つの出来事が起こりました。

まずはピエール瀧の逮捕。まさかでした。

※この件については「ピエール瀧、衝撃の逮捕」の記事でも書いています。

数日後にはZEPP TOKYOで30周年記念ライブを予定していた中での出来事に、音楽好きのみならず、世間が驚きました。

相方の石野卓球の行動も「奇行」とされ、話題になりましたね。

石野卓球には何の非もないのに、ワイドショーでなぜか卓球が叩かれていました。

私から言わせれば、それが本当の「奇行」ですよね(笑)

だから若者はテレビを見ないんだよ、ばーか(笑)

まぁでもワイドショーを見ている40代、50代くらいのおば様方のための番組ですから、

私たち20代の立場でどーのこーの言っても関係ないですよね。

スポンサーリンク

そしてもう一つ。2019年3月に我らがヒーロー、イチローが引退しました。

実は知人のつてで東京ドームで観戦していたのですが、もう涙が滝のように流れました。

イチローがキャッチボールして拍手、ストレッチして拍手、バッティング練習で拍手。

異様な光景でした。

一つ一つの行動で沸く歓声は、イチローに対するリスペクトそのものでした。

あの瞬間に居合わせることができたことを、とても幸せに思います。

この記事を書いている今でも、思い出すと涙が出てきそうです。

イチローさん、お疲れさまでした。夢をありがとうございました。大好きです。


・・・えっと、なんでしたっけ?

あ、レコメンド企画でしたね!

先月に続き、前置きが長くなってしまいました。いつものこの類の記事は前置きが長くなるんですよね。

すでにこの時点で1000字超えの超大作。

いつも長々とお付き合いをお願いしてすみませんね。

それでは、2019年3月に聞いていた曲をTOP5という形でご紹介したいと思います!

改めてご説明しますと、この「勝手にレコメンド企画」はその月にヘビロテで聞いていた曲を皆さんにも聞いてほしいというお節介もはなはだしい企画でございます。

今回は2019年3月のものをお届けしたいと思います!

スポンサーリンク


第5位

秋山黄色「やさぐれカイドー」

猿上がりシティポップで初めてYoutubeの広告が有能だなーと思いました。

相変わらずの衝撃的なイントロなこの曲。

そして、やっぱり「いつからこここんなん建ってんの」って歌詞が大好きなんですよね。

今年はビバラロック2019で初めてお目にかかれそうなので、今からとても楽しみにしています!


第4位

Laura day romance「lovers」

徐々にアガっていくイントロ。

曲そのものは多幸感に溢れていて、聴いていてとても心地いい。

女声から男声に切り替わるサビでは、きっと難しいであろうハーモニーが美しく奏でられていて、

とても楽しそうに聞こえてしまうから不思議です。

Laura day romanceは、まだまだこれからどんどん伸びてくると思います!

他にもいい曲があるので、こちらも是非チェックしてみてください!

※Laura day romanceってどんなバンドなの?※

スポンサーリンク


第3位

ハルカミライ「それゆけステアーズ」

いま個人的に最もキテいる桜ソングです!

いや、単純にすごくよくないですか??

エモさとかっこよさと、爽やかさ。

全てを揃えていて、なおかつ前を向ける歌詞と、明るくも切ないメロディー。

全体的にアツい演奏シーンも、グッときます!

最初はいかにも狙っている名前だなーと敬遠していましたが、

ハルカミライがいま大人気になっているというのも大いに納得です。

2019年はぜひライブでお目にかかりたいバンドです!

他にもいい曲があるので、こちらも是非チェックしてみてください!

※ハルカミライてどんなバンドなの?※


第2位

錯乱前線「ロッキンロール」

なぜか何度も聞きたくなるこの曲!

気づいたら歌詞を覚えちゃってました。

「夢で逢えたらビューティフォォォ!」

「今すぐここから出ていけぇぇぇ!」

「畜生ばばぁ、覚えてろっっっ!!」

ってお風呂で叫んでます。(笑)

近所の皆さん、うるさくしてしまってごめんなさい。

また、リンゴ音楽祭のライブ映像がまた、素晴らしくネジがぶっ飛んでる感がいいんですよね。

錯乱前線についてもこちらでまとめていますので、もしよろしければご覧ください!

※錯乱前線ってどんなバンドなの?※


第1位

オレンジスパイにクラブ「キンモクセイ」

キンモクセイにインスパイアされたノスタルジックなサウンドと、何とも言えない青春を想起させるエモい歌詞。

ハモりの部分も主旋律に連動しない部分も多く、「あんた最高!」ってフレーズが

まるで友達が自分に話しかけてくれるような、そんな錯覚すら覚えてしまいます。

まだまだ全然認知されていないオレンジスパイにクラブですが、今後どんどん活躍の場が広がっていくと思われます!

少なくとも私の3月はヘビロテでこの曲のお世話になりました!

ありがとうございましたm(__)m


2019年3月。私も社会人生活が丸6年となります。

気持ちとしては大学を卒業したばかりって感覚なのですが、

職場によっては中堅と言われてもおかしくない立場になります。

まーこれまで通り、ほどほどに頑張ろうと思いましたよ。はい。

・・・なんだこの終わり方は(笑)

スポンサーリンク