ドミコ wiki的まとめ
➀奇怪な不協和音の魔術師!
➁ギターとドラムの2人組構成!
➂フジロック2017にも出演!
スポンサーリンク

こんなのおかしくない!?

明らかに流行の音楽とは一線を画し、独自路線を突っ走っています。

キャッチーなメロディーではないものの、不協和音の残響が、耳からなかなか離れてくれません。

それこそが彼らの音楽の魅力だと思うんです。

今回は「ドミコ」のご紹介をしたいと思います!

1.ドミコって?メンバーは?年齢は?出身は?

ドミコは2011年に埼玉県川越市で結成された2人組ユニットです。

メンバーは以下の通りです。

Gt./Vo:さかした ひかる
Dr.長谷川 啓太

2人組と聞くと、ゆずのようなギターデュオだったり、旋律を演奏しやすいピアノとギターといった楽器で構成されることが多い。

しかし、ドミコはギターとドラムというかなり珍しい構成です。

そのため、曲の音数がそれほど多くなく、ギター・ドラム・ボーカルそれぞれダイレクトに主張してくるのが特徴となっています。

なお、さかしたは岩手県出身、長谷川は新潟県出身。

さかしたがとある2019年のインタビューで「29歳」と話しているので、大体二人とも30歳くらいということになります。

2.奇妙!奇天烈!変幻自在な音楽!

ドミコと言えば、何といっても一筋縄ではいかない音楽性が高く評価されています。

いわゆる「不協和音」であったり、独特のリズムから繰り出される彼らの音楽は、非常に中毒性が高い事で有名です。

ロースト・ビーチ・ベイベー

シンプルな音楽でありながら偏屈。

ギター、ボーカル、ドラムがそれぞれ別の曲を奏でているんじゃないかという瞬間がいったいどれくらいあるでしょう。

そうした集合体が「曲」として成立していることこそ、ドミコの高いポテンシャルを表していますね。

2011年の結成以来、着実に彼らの音楽のファンは広がっており、2017年には日本最高峰のロックフェス、フジロック2017にも出演しています。

3.ドミコのおすすめの曲は?

さて、そんなドミコのおすすめの曲をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まずは、定番どころにはなりますが、「こんなのおかしくない?」

こんなのおかしくない?

イントロからドミコっぽい変態サウンドが展開されていて、いかにもドミコな曲。

ドミコと言えばこの曲、と言っても過言ではありません。

絶対押さえたい曲ですね。続いては、「ペーパーロールスター」です!

ペーパーロールスター

中毒性が高い。高すぎる。

先ほどの「こんなのおかしくない?」もそうですが、シンプルでいて偏屈でいて、何度も聞いてしまいたくなりますよね。

最後におすすめしたいのが、「まどろまない」です!

まどまらない

インパクトのあるイントロから淡々と刻まれるビートと裏腹に張り上げるボーカルのギャップ。

心地いい違和感しかない。

やりたい放題に作ってみたものを音源にしているような、本当にやりたいことしかやりませんよって感じの雰囲気がMVからも楽曲にも充満しています。

やっぱり彼らにしか持てない空気感があります。

それがドミコの強さであり、ファンの心をがっちり掴んで離さないんだと思います!

4.ドミコのまとめ!

さて、いかがでしたか?

個性の塊と言っても差し支えないほど、独特な空気感を漂わせるドミコ。

これからも独自の路線で突っ走っていってほしいです!

今後に注目していきましょう!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク