ハルカミライ wiki的まとめ
➀八王子発の4人組ロックバンド!
➁1stアルバムツアーは全公演Sold Out!
➂爽快感と温かさが共存するサウンド!
スポンサーリンク

遅かれ、早かれ、このバンドきます

たぶん間違いないです。

最近の「かっこつけてかっこいい」バンドが台頭する中で、

底抜けの爽やかさとアツさを兼ね揃えた稀有な存在として、いまインディーズ界隈で大注目となっております!

ハルカミライをご紹介します!

1.ハルカミライって?メンバーは?年齢は?出身は?

ハルカミライは2012年に八王子で結成された4人組バンドです。

メンバーは次の通りです。

Vo.:橋本 学(1993年生まれ)
Gt./Cho.:関 大地(1995年生まれ)
Ba./Cho.:須藤 俊(1993年生まれ)
Dr./Cho.:小松 謙太(1994年生まれ)

2017年に人気バンド「My hair is bad」も在籍するTHE NINTH APOLLOに所属し、メキメキと頭角を表しています。

個人的にバンドスタイル的にはTHE NINTH APOLLOっぽくないなーという印象です。

というのも、彼らの曲はいたって爽やか

ブラジャーのホックを外すことなんて、まずありません。

2.若い世代を中心に大人気!1stアルバムツアーはSold Out!

ハルカミライが人気とは言ったものの、どれくらい人気なのかと言いますと…

なんと1stアルバムを引っ提げた全国ツアーは完売。尋常ではない人気を誇っていることがお分かりいただけますでしょうか。

まーでも、わかる。
だってライブが楽しそうなだもん。

エース

みんなで歌える曲が多いハルカミライの曲。

会場全体で大合唱なんて気持ちいいでしょうねー。

3.ハルカミライのおすすめの曲は?

そんなハルカミライのおすすめの曲ですが、一番メジャーな曲はカントリーロードです。

カントリーロード

ブルーハーツが大好きなんだと言わんばかりのVo.橋本。見ていてやっぱり楽しそうなんですよね。

確かにカントリーロードもいい曲です。

しかし、個人的には他の曲をレコメンドしたいと思います!!

まずは、「それいけステアーズ」 です!

それいけステアーズ

なんてエモいんだ・・・!

めちゃくちゃかっこいい。

ちなみにステアーズとは「階段」という意味。

それも踏まえて冒頭の歌詞を見てみましょう!

スポンサーリンク

それいけステアーズ
さくら さくら さくら
 
いつか夢見た自分が

今はどこにもいなくても

さくら さくら 

僕は君と話が出来たら

それだけで嬉しくなるんだ

これがかっこいいんだって

話が出来たら それだけで

この歌詞、最高だと思いません?

「これまでの出会いや経験を大切にしながら、いつか『あなた』に会いたい、これがかっこいいんだって話したい。

だから人生の階段を上がってくんだ…!」

少年のようなピュアな心を感じるのです。

そこに遠い日の自分を重ねるような気がして、とてつもなくエモくなります。

本当に素晴らしい歌詞だと思います。

続いてご紹介したいのが、「世界を終わらせて

世界を終わらせて

ハルカミライ流ラブソング、といったらこの曲。

ラブソングってそのバンドのレベルが分かりやすいジャンルだと思うんです。

彼らのラブソングは他の曲と同じように突き抜けて爽やかなメロディーに仕上がっています。

言葉にすると難しいんですが、普通のラブソングと比べると重厚感が違います。

「好き」とか「愛してる」なんて一言も口にはしていないのですが、

この曲を作った人は「マイガールフレンド」のことがとても大好きなんだと思います。

世の中の誰が敵になろうが「君のための」存在であることが本当の愛情だと思うわけです。

曲の途中の2拍子の「行進ゾーン」のリズム感も心地いいですし、やっぱり総じていい曲だなーという印象です。

それと、橋本の声の透明度にやられてしまいますね。

そして、最後におすすめしたいのは「predawn」です!

predawn

どこまで彼らは背中を押してくれるんでしょう。ちなみにpredawnとは「夜明け前」という意味。

明らかにライブ映えを意識した曲です。

でも多分、狙い通り、めっちゃ映えるんだろうな。

イントロから曲に入っていくまでの「曲の間」も最高。

いいところ上げていったらキリがないほどベタ褒めしてしまいます。

このままハルカミライはスレずにいてほしいです!!

20年後も同じように私たちの背中を押してほしいと切に願っています!!

4.ハルカミライのまとめ!

さて、いかがでしたか?

ハルカミライと言えば、カントリーロードだけなんてもったいなさすぎるんです!

もっともっといい曲がありますし、彼らはこれからどんどん世に知られていくことでしょう。

これからも彼らの活動に注目していきましょう!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク