徹底考察!「趣味がない!無趣味だ!」って本当ですか?

面接官「あなたの趣味はなんですか?」
私「・・・」

いつも新進気鋭のロックバンドをご紹介している当ブログですが、今回はちょっとしたコラムを書いてみたいと思います。

最近の若者は無趣味の人が多いとよく言われます。

特に20代から30代前半の方は「無欲の世代」と言われることもあるようですが、かく言う私も就活の時に面接官に言われたときに、「自分の趣味」というものに確固たるものはありませんでした。

ちなみに広辞苑で「趣味」という言葉は

「仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄

と書いてあります。

でも、それって難しくないですか??

 ✓音楽が好きで聞いているけど、それって趣味? 

 ✓仲間と飲みに行くのが好きだけど、それって趣味? 

 ✓年に数回フェスに行くのが恒例だけど、それって趣味? 

 ✓なんなら白飯を食うのも仕事ではないけど楽しみだぞ? 

そうした悶々とした自己問答を繰り返しながら、当時は適当に答えていたように気がします。

「趣味」について真剣に考えたら
「3つの法則」を見つけたからお伝えしたい!!

そんな就活を終えて早7年が経ったわけですが、

最近やっと「趣味」という言葉の意味が分かってきたような気がしています。

無趣味だと思っているあなたの趣味を見つけてあげたい!

趣味ってそういえばこんなんだよなってのを

「3つの法則」にまとめてみました!

その➀:あなたがお金を掛けていること

これは分かりやすい例だと思います。

あなたが仕事で、バイトで、あくせく働いて獲得した貴重なお金。

そんな大切なお金を代価に、継続的に獲得しているものや経験があれば、それは趣味となりえるのではないでしょうか?

〇お金を掛けている趣味〇
✔ 車で出かけるのが何より楽しい!

✔ あるブランドのスニーカーを集めるのが好き!

✔ アプリに課金して強くするのが楽しい!

でもこれだけでは、不十分です。

たとえば、毎日生活していくために必要なお金だってありますよね。

それにランニングなど、比較的低コストなものを趣味としている方もいらっしゃいます。

そこで登場するのが、法則➁です!

スポンサーリンク

その➁:あなたが時間をかけていること

これも分かりやすいですよね。人生は有限です。

大切な「時間」という資産を費やしているのですから、趣味として考えて問題ないと思います。

〇時間を掛けている趣味〇
✔日課として毎日散歩を30分している

✔YouTubeで新しい音楽を漁るのが好き!

✔テレビドラマを見るのが好き!

特にお金がかかっていないことでも、あなたの趣味になり得る、ってことですね。

それでもピンと来ない方!

3つ目の法則をお伝えします!

スポンサーリンク

➂他人の努力を消費していること

最近気づいた3つ目の法則。

それは「他人の努力を消費している」ということです。

文字にすると難しそうですが、単純な話です。

たとえば、「今年の日本代表弱くね??」とか、

このバンドの歌って微妙だよね」とか。

私たちが当然のように批評してしまいがちな物事。

その裏には、そこに向けて懸命になってきた当事者の「努力」があります。

そこに自分が自由にモノを言うことって、当然の様で当然じゃないんですよね。

実はこの仕組みというのは日常生活のどの部分にも当てはまるお話なのですが

そうした視点で物事を見てみると、実はあなたの趣味のヒントがあるかもしれませんよ!

まとめ!

さて、いかがでしたか?

趣味っていうと、他人より知っていなきゃいけなかったり、

上手でいなければならないって気がしてしまって、

ついつい気が引けてしまうものです。

しかし、広辞苑が言うように、「あなたが楽しければ、それは趣味」なんです。

あ、実はこれ私の趣味なのかも・・・っていう出会いの助けになれば幸いです。

本日はここまで!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク