mol-74 wiki的まとめ
➀2010年結成の京都発4人組バンド!
エイプリルがYoutubeで爆発的ヒット!
➂2019年4月にメジャーデビュー決定!
スポンサーリンク

えっと、ここは美術館でしょうか。

先日行われたJAPAN’S NEXT 渋谷ジャック2018で初めて彼らのライブを拝見しました。

前のバンドの終わりが遅くなってしまい、途中からでも見てみたいと思って会場に入って驚きました。

お客さんが、突っ立っているんです。まさに棒立ち。

みんな、ただただ聞き入っているんです。

あーなるほど、ここは美術館なんだ。そうだそうだ。

だってこんなに美しい音色と声が響き渡っているんですよ?

前置きが長くなりました。

美術館館長のmol-74を紹介します!

1.mol-74って?読み方は?メンバーは?出身は?年齢は?

mol-74は2010年に高校の同級生を中心に結成された4人組バンドです。バンド名の読み方ですが、「モルカルマイナスななじゅうよん」と読みます。

絶対読めません(笑)

全員眼鏡だったことから目が悪いモグラという英単語「mole」と化学領域で集合体を現す「mol」。

そして出身高校の住所の「1-15-60」をそのまま計算した「-74」。

この「mol」と「-74」をたして「mol-74」となりました。

ってどのサイトでも紹介しています。

・・・が、京都にそんな高校なくない??

調べてみたところ、住所の枝番が「1-15-60」なんて高校は京都にないんです。

え?どういうこと?

調べたところ、その高校は徳島県の高校のようで、オリジナルのメンバーも徳島県出身だそうですよ。

つまり京都発信の徳島出身のバンドということみたいですね。

そんなmol-74のメンバーはこちら。

武市和希(Key,Gt,Vo)
井上雄斗(Gt)
高橋涼馬(Ba)
坂東志洋(Dt)

ちなみにメンバーの年齢は公表されていませんが、twitterの誕生日おめでとうコメから推察するに、メンバー全員約30歳くらいなのではないかと思われます。

2.はかない恋をつづったエイプリルがYoutubeで大ヒット!

mol-74の真骨頂は風景画を解説するような、どこか別の視点で物語を語るようなスタイルです。

それが結実した作品が「エイプリル」です。

エイプリル

美しすぎるイントロ。

2017年4月1日に公開されたこのMVは2019年2月現在、230万回を超える再生回数を誇っており、mol-74を代表する曲となっています。

この曲のMVがこんなに伸びた要因は二つあると思います。

まず、一つはいま流行となっている彼女とのデートを思い出してます的なMVの作り。

もうみんなこぞってこのスタイルに走りすぎて、飽和感は否めませんが、確かにこの手法は、正直大した曲でなくてもある程度伸びるんですよね。

もう一つの理由、それはまぎれもなく曲そのものが持つ力だと思います。

この曲が持つ儚さたるや、なんと表現してよいのか分かりませんが、美しいという言葉が一番しっくりくる気がします。

3.mol-74のおすすめの曲は?

そんなmol-74ですが、他にもいい曲があるんです!

ご紹介したいと思います!まずは「%」です!


エイプリルとは異なったリズムを奏でるイントロから入るこの曲。

ある意味mol-74っぽくない、比較的明るい曲と言えます。

続いておすすめしたいのが、「グレイッシュ」です。

グレイッシュ

とてもきれいなハイトーンボイスが特徴の一曲となっています。

4.mol-74のまとめ!

さて、いかがでしたか?

過去の記憶に思いを馳せるとき、キレイな景色を見ているとき、なんとなく遠い目をしたいときに彼らの音楽を聴くとピシャっとはまる、そんな印象を持っています。

そんなmol-74ですが、2019年4月にソニーミュージックからメジャーデビューすることが発表されています。

ドラマの主題歌とかCMとかで目にすることもきっと今後増えてくるでしょう。

ぜひ活躍してほしいものですね!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク