ENTH wiki的まとめ
➀名古屋出身のパンクバンド!
➁アツい、ポジティブな楽曲が多し!
➂バンド名の由来は「熱心な人」!?
スポンサーリンク

あれは、Rock in Japan Festival 2018 。

私は後2日で参戦してきたのですが、まぁ、前2日が当たりって感じでしたよね。この年はRising Sun が20周年という事もあり、アーティストがみんなそちらに流れました。

アイドルだらけのフェスになってしまったロッキンでしたが、そういうフェスにこそいい出会いがあるというもの。

その中の一つ、ENTHについてまとめていきたいと思います!!

1.ムーンレイカーで足が止まった

出会いというのは、いつも突然やってきます。

偶然、横を通りかかったときに聞こえたサウンドが妙に耳に引っ掛かりました。我ながら思うのは、こういうのこそフェスの醍醐味ですよね?

彼らが演奏していたのは、「ムーンレイカー」でした。

めっちゃかっこいいじゃないですか!

バンド、お客さん共にとてもアツい。ただでさえ暑い日でしたが、会場のボルテージはどんどん上がっていきます!

2:45と短い曲ではありますが、そこに込められた思いというか、何かやってやろう感を主は感じました。

2.ENTHのメンバーは?出身は?

ENTH は名古屋出身の3ピースバンド。いわゆるメロディックパンクをかき鳴らす王道のパンクバンド。数度のメンバー変遷を経て、今のメンバーに落ち着いたようです。

daipon(Vo&Ba) 
Naoki(Gt&Cho) 
takumi(Dr&Cho)

あえて言うことでもないですが、3ピースバンドってめちゃくちゃ忙しいんです。全員楽器弾いて、歌って…とステージは常に多忙を極めます。

ですが、そういうステージだからこそ、リスナーはバンドから放出されるエネルギーをダイレクトに感じるんですよね。

さらにENTHの背中を押す曲の数々は、パンクバンドということもあり明るく元気な曲ばかり。拍車をかけて「元気出せよ!」と訴えくるようですね。

スポンサーリンク

3.ENTHってどういう意味?おすすめの曲は?

ちなみにこのバンド名のENTHですが、由来は「enthuasist(熱心な人)」を意味する英単語です。

一方で、「車・バイク好きな人」という意味もあるらしく、メンバーの嗜好がバンド名の由来となっています。確かに車とかバイクが好きそうな感じ、伝わってきます。笑

そんなENTHのおすすめの曲をご紹介します!まずは「SUMMER」です!

SUMMER

良い曲だ!これはアガる!!

自分たちをメロディックパンクバンドと称するように、聞きやすいメロディとガッシガシの爆音サウンドが最高ですね!そしてdaiponのアッツアツのボーカルがかっこいいですわ!

これライブだとぶち上がるだろうなー。

もう一曲、「TEARS」もお聞きください!

TEARS

これまたぶち上がる!!

え、この曲ガシガシだし歌詞はめちゃくちゃエモいし、最高じゃないですか?英語歌詞から日本語に切り替わるところ、かっこよすぎません?

こんなに誉めちぎってますが、わたし実はあまりパンクバンドってジャンルが得意ではないのです。しかし、そんな私でもとても聞きやすいし、何よりアツい思いが伝わってくるんですよね。

4.ENTH のまとめ

ENTHは「パンクロックってちょっと…」って人でも全然受け入れられるメロディックさを持ち合わせています。

京都大作戦リンゴ音楽祭など、音楽好きの間で確実に人気を広げていき、いろいろな場面で見かけることも多くなってきました。

ENTHのパンクロックは今後もどんどん広がっていくはずです!彼らの活動から目が離せません!!

スポンサーリンク