ENTH wiki的まとめ
➀名古屋出身のパンクバンド!
➁アツい、ポジティブな楽曲が多し!
➂バンド名の由来は「熱心な人」!?
スポンサーリンク

今年もRock in Japan Festival 2018 が大盛況のうちに終わりました。
私は後2日で参戦してきたのですが、まぁ、前2日が当たりって感じでしたよね。

今年はRising Sun が20周年という事もあり、アーティストがみんなそちらに流れました。
アイドルだらけのフェスになってしまったロッキンでしたが、
そういうフェスにこそいい出会いがあるというもの。
(逆に来年はロッキンが20周年。来年は本気かと思われる)

その中の一つ、ENTHについてまとめていきたいと思います!!

1.ENTHって?おススメの曲は?

偶然、横を通りかかったので聞いてみたのですが、ちょうどこの曲をやっていました。

ゴリゴリ感あふれるリフからの力強いボーカル。かっこいいじゃないですか!

この曲がライブでも定番化しているようです。バンド、お客さん共にとてもアツい。

ただでさえアツい日でしたが、会場のボルテージはどんどん上がっていきます。

2:45の短い曲ですが、そこに込められた思いというか、何かやってやろう感というか
そういうものを主は感じました。(ちょうど最後の曲だったようです。)

2.ENTHのメンバーは?出身は?

ENTH は名古屋出身の3ピースバンド。
いわゆるメロディックパンクをかき鳴らす王道っちゃ王道のパンクバンド。
数度のメンバー変遷を経て、今のメンバーに落ち着いたようです。

daipon(Vo&Ba) / Naoki(Gt&Cho) / takumi(Dr&Cho)

この曲も掻き鳴らす感が半端ない!

3ピースバンドって人数が少ないから忙しいんですよね。

全員コーラスをしているあたり、これも王道の3ピースバンドという感じで、
とてもエネルギーを感じる曲ばかりです。

気付いたのですが、彼らの楽曲は聞く人の背中を押す曲ばかりです。
前向き、ポジティブ、そういった言葉がしっくり来ます。

3.ENTHってどういう意味?

ちなみにこのバンド名のENTHですが、由来は「enthuasist(熱心な人)」だそうです。

車、バイク好きな人、という意味もあるらしく、
メンバーの嗜好がバンド名の由来となったそうです。

確かに車とかバイクが好きそうな感じします。笑

でもその熱心さが曲に表れていますよね。もうアツいアツい(笑)

個人的にはYoutubeではムーンエイカーほど再生回数が伸びていないですが、
この『Hailsham』だったり、下の『Somewhere』の方が好きだったりします。

実はハイスタのような掻き鳴らす系がちょっと苦手な主(笑)
これくらいメロディックな方が個人的には好きでございます。

あと、英語歌詞が聞きやすかったりするのは、主の気のせいでしょうか。

大型フェスにもどんどん出演しているENTH
今後も目が離せないアーティストであることは間違いないです!!

4.ENTH のまとめ

➀名古屋出身の3ピースメロディックパンクバンド
➁「前向き・ポジティブ」を体現したアツい人たちがメンバー。
➂代表曲は『ムーンエイカー』だけど、他にも良曲が多数!ぜひ聞いてみて!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク